INTERVIEW Vol.2

~英語や留学について聞いてみました~


今回は、ウィッシュボーンで英語を勉強してくれている、

中山和咲ちゃん(なかやま なぎさちゃん)に、インタビューをしました。

 現在、小学6年生の和咲ちゃんは、小学5年生の時にオーストラリアのメルボルンでの留学プログラムに参加されました。

小学生でしっかりと将来を見て、積極的に英語の環境に飛び込む姿はとてもかっこよく、力強さを感じました。

そんな和咲ちゃんに色々な質問をしてみました。ぜひご一読ください。



【英語学習に関して】

Q 英会話の”ここが楽しい”!

―全部が楽しいです!←うれしいですね(^^)

Q 大変なことは?

―たくさんの単語を覚えることが難しいです。宿題のCDで毎週覚える作業をしている

ので、慣れてきました。


Q 英会話はどれぐらいから始めましたか?

―5歳ぐらいから始めました。自宅で始めたのは3歳ぐらいからです。


Q 英語を勉強していて私生活で役に立ったことは?

―お母さんとは基本的に英語で会話をします。その時に、英語を話せることが役立つと

感じます。

今回参加した留学の高校生バージョンがあるので、それに向かって頑張っています。


Q 将来の夢は?

―空港で働くことです!

【留学に関して】

Q 留学に行きたいと思ったきっかけは?

―初めはどのようなものか分からなかったですが、留学について調べるうちに少しずつ

分かり、留学参加の面接などを受けるうちにどんどん気持ちが強くなりました。

 また、外国の友達もたくさん作りたかったです。


Q 留学に対して準備はしましたか?語学勉強など。

―もっと英語力を高められるようにしました。お母さんと英語で会話をして、英語を話す

ことになれました。行く前はとても緊張しました。


【留学先の経験について】

Q 留学先でのお話を聞かせてください。

―日本チームからは6人と18か国から合計66人が参加していました。高校生の人も来てい

 て、年下の子たちのお世話などをしてくれていました。観光などはたくさんしていない

 ですが、「ショッピングデー」という日にお土産を買ったりしました。TimTamとか

 現地の苺を食べました。ホームステイ先の家族は優しかったです。

 ホストシスターがバレーをしていたので共通のスポーツで話が盛り上がりました。

 初めは、会話をするときはジェスチャーなどで頑張りました。


Q 他の国の人たちとかかわる機会はありましたか?

― はい。18か国の人たちと会話をする機会がありました。日本チーム以外は皆英語が

ペラペラでした(笑)日本語を話す機会はもちろんなかったですが、

「私はあなたが大好きです」というフレーズを教えました(笑)


【今後の語学学習について】

Q 英語や言語を学ぶ上で気を付けていきたいことは?

―今の自分よりも、高校にもう一度留学に行くときにもっと力がついているようになりたい

です。

Q 留学に行く前の自分と、行った後の自分を比較して?

―留学に行った後の方が、先生の言うことをわかるようになりました!


【みなさんにメッセージ下さい!】

Q 留学や海外に行ったことがない方にメッセージありますか?

―英語を学習している人は、習ったことをつなげていけば会話もできるし、

外国の人と話すことに緊張したとしても、早く話してみれば気持ちも楽になるし、

 相手のことをもっと早くに知れると思います。

Q 学生にメッセージください。

―英会話でたくさん先生と話す機会は大切だと感じます!たくさん話してみてください!


いかがでしたでしょうか?

外国に一人で飛び込むことは、勇気が必要だったりしますが、

その分得られるものもたくさんです。

たくさん、苦い思い出・楽しい思い出を抱えて、人は学び成長するのだと、

語学学習を通して感じます。



27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示